LTEを口座振替で契約しよう!

新たな通信規格、LTE 4Gとは

新たな通信規格

 

ここ数年の間に広まったLTE や4Gですが、これらはスマホやタブレットといった携帯端末専用の通信回線のことを指し、4Gは次世代の通信規格の総称、LTEはその内の一つという意味となります。現在4G回線として利用される回線の多くがLTEで、従来の回線よりもはるかに早い通信速度や通信容量を持つ事から、今まで以上にスマホやタブレットのインターネットを快適に行うことが出来るようになります。4Gに対応した端末を取り扱うメーカーも数を増やしているので、携帯を買い替えるなら4G対応のものを探しましょう。

 

正確には別の規格

 

4Gの一つとして利用されているLTEですが、厳密にはLTEは4Gとは違う通信規格として開発されました。LTEの区分は3.9Gといわれ、従来の通信回線である3Gの技術をより発展させることで通信速度や通信容量を向上させたものなので、使用している技術が別のものである4Gとは別物となっています。そのため本来の4G規格とLTEを比較するとLTEのほうが性能面で劣る点があるといわれていますが、本来の4Gはまだ市場に出回っていないので、本格的に市場に4Gが出回るまではLTEが活躍すると思われます。

 

性能面での違いは?

 

LTEと4Gの性能はLTEのほうが劣るといわれてはいますが、その性能差はそれほど大きなものではありません。そのため予定では別物として扱おうと考えられていたLTEも4Gの区分に加えるようになり、現在販売されている4G対応の携帯端末や、4G専用の通信プランの多くはLTEを採用したものになっています。それに3Gとの性能差を考えると、たとえ多少性能が劣っているLTEでも、今までよりもはるかに快適なインターネット環境を手に入れることが出来るのは間違いありません。