LTEを口座振替で契約しよう!

何からすればいい?申し込み〜ネットが利用できるまで

書類作成・提出

 

スマホやタブレット端末で利用できるLTEは、従来の通信回線よりもはるかに早い速度を出すことが出来る事から、多くの企業が採用しています。LTEを利用するためには専用の通信プランに加入する必要があり、実際にLTEを利用できるようになるまでには1週間から2週間ほどの期間が必要となります。申込手続きはまず書類作成と必要書類の提出から始まり、ショップなどで書類に必要な情報を書き込み、免許証などの証明証を提示すれば手続の第一段階は完了します。

 

各種審査

 

書類提出完了した後は、提出した書類の情報などを利用して審査が行われます。この審査は契約した回線を悪用したり、料金の支払を踏み倒すといった悪質な形で回線を利用しないかどうかを審査するためのもので、過去に通信回線を利用して大きなトラブルを引き起こしたり、債務トラブルを抱えているなどのトラブルが無いかどうかをチェックします。とはいえクレジットカードなどの審査と比べて審査基準はゆるく、よほど大きなトラブルを起こしてさえいなければ問題なく審査に合格することが出来るので、1週間もすればSIMカードや同時に購入したスマホが指定した住所に届けられます。

 

セットアップ

 

スマホやタブレット、SIMカードが届いたらセットアップを行います。まず最初に内容物がきちんと揃って居るかどうか取扱説明書などを元に確認して、SIMカードをスマホやタブレットに取り付けます。SIMカードを取り付けた後は電源を入れて、ネットワーク設定を行っていきます。機種によって設定方法は異なりますが、大抵の製品ははじめの画面から各種設定用のメニューを開くことが出来るようになっており、そこからネットワーク設定の項目に進めるので、取扱説明書などを参考にセットアップを進めていきましょう。