口座振替と口座振込みの違い

口座振替と口座振込みの違い

最近はテレビのCMなどでもよく見かけるようになったLTE、実際に利用する人も増えています。
CMなどを見ていると、とても早いというイメージがわきます。
LTEというのは、携帯電話通信規格のひとつです。
現在主流の第3世代携帯の通信規格である「3G」を、より高速化したものです。
ですので、利用する人も増えてきています。
LTEのモバイルルーターの契約ですが、申込み自体は口座振替でも可能です。
口座振替と聞くと、よく口座振込みと勘違いすることはありませんか?
口座振替と口座振込みは、どう違うものでしょうか?

 

■口座振替と口座振込みの差異とは

 

口座振替というのは、毎月決まった日に、指定した預金口座から請求元の口座へ送金される方法です。
そして口座振込みというのは、指定された口座に事前に自分で振り込む方法になります。
口座振込みの場合は銀行によって変わってきますが、毎回振込手数料がかかります。
しかし口座振替であれば自動的に引き落とされるので、特に手数料は必要ありません。
それゆえ口座振替と口座振込みを選択する場合は、口座振替のほうがお得になります。

 

■口座振替とクレジットカード

 

口座振替でLTEの利用を契約すると、LTEが利用できるようになります。
口座振替であれば実際に自動引き落としが始まるまで、1〜2カ月程度かかります。
しかしLTE端末が送付されて使用開始されるまでの期間は、クレジットカードとそう差はありませんので安心してください。
口座振替が開始されるまでは、請求書が自宅に届きますので金融機関などで支払います。
実際にLTEのモバイルルーターを利用する時は、プロバイダーのサービスを比較検討することをお勧めします。
そうする事で、お得になる場合もあります。